1997年から23年間、スリーボンドレーシングとして出場してきましたF3活動に区切りをつけ、
2020年、いよいよ国内最高峰フォーミュラカーレースであるスーパーフォーミュラへその舞台を昇華させます。
チームは道上龍氏率いるDragoCORSEとのタッグを継続、ThreeBond DragoCORSEとして新たな挑戦を開始します。

What's SUPER FORMULA

国内トップフォーミュラシリーズは車両規定の変化に伴い、過去数度にわたって改称しています。最初の全日本選手権シリーズは1973年、全日本F2000選手権シリーズとして始まりました。このときは国内の事情に合わせたためFIAが定めたF2規格とはわずかに異なりましたが、FIAの車両規定改定に伴い規格が統一されたため1978年からは“全日本F2選手権”となりました。
その後FIAがF2を廃止しF3000規定へ移行したことを受けて1988年から“全日本F3000選手権”が始まりました。1996年には日本独自の規定となり“全日本フォーミュラ・ニッポン選手権”と改称、2013年から2015年は“全日本選手権スーパーフォーミュラ”、2016年から“全日本スーパーフォーミュラ選手権”として開催されています。
現在全日本スーパーフォーミュラ選手権で用いられているのは、日本独自に定められた”NRE(ニッポン・フォーミュラ・エンジン)”規定に基づいてTOYOTA、HONDAが開発した排気量2000ccターボ過給直噴4気筒エンジンです。このエンジンには燃料の瞬間最大流量を規制する燃料流量リストリクターが取り付けられており、消費燃料を鈴鹿、富士大会では1時間当たり最大95kg、その他の大会では1時間当たり最大90kgに制限します。限られた燃料で最大の性能を引き出し、熱効率を追求する新世代のレーシングエンジンです。現在、最大出力は550馬力以上と言われています。
なお、マシンにはオーバーテイクシステム(OTS)が搭載されており、これを作動させると燃料最大流量が5%増加、パワーが約20〜30馬力増大します。OTSを用いるとレース中のオーバーテイクが容易になりますが、決勝レース中に使用できるのは最大100秒間で、1回用いると次回は100秒経過しないと作動しないため、ドライバーの戦略が反映する仕組みとなっています。
NREは、エンジンを搭載するシャシーはイタリアのダラーラ社が開発製造したもので、2014年から使用されたSF14に替えて2019年新しいSF19が使用されています。カーボンコンポジットモノコックにセミATトランスミッション、安全装備のHALOを備えるなど現代のフォーミュラカーとして最新のスペックとなっています。タイヤはヨコハマタイヤがミディアムとソフトの2スペックをワンメイク供給しています。コンディションにもよりますが、コーナリングスピードはF1グランプリカーに匹敵すると言われています。

What's F3
What's F3

Schedule & Result

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権
Round1 8/29〜30 ツインリンクもてぎ
Round2 9/26〜27 岡山国際サーキット
Round3 10/17〜18 スポーツランドSUGO
Round4 11/14〜15 オートポリス
Round5 12/5 鈴鹿サーキット
Round6 12/6 鈴鹿サーキット
Round7 12/19〜20 富士スピードウェイ

Team

2020年スリーボンドレーシングは国内トップフォーミュラであるスーパーフォーミュラへと活動の場を移すことを決めました。
チームは2017年までの欧州における活動から「全日本F3選手権」へ復帰するにあたり、本年まで協力体制を敷いていた道上龍氏率いるドラゴコルセとの関係を維持しスリーボンド ドラゴコルセとして参戦します。
また活動にあたり、これまでの両者の経験と強みを最大限に活かすため、レース活動はドラゴコルセが、プロモーション活動はスリーボンドが主管し、モータースポーツ活動を通じて多くのファンとビジネスチャンスの獲得を図ります。

チーム概要

  • チーム名:ThreeBond DragoCORSE
  • チーム監督:道上 龍
  • シャシー:Dallara SF19
  • エンジン:HONDA(HR-417E)
  • トラックエンジニア:伊与木 仁
  • データエンジニア:高橋 基久/渡邉 信太郎
  • チーフメカニック:島田 知幸
  • ドライバー:タチアナ カルデロン

ドライバー

#12 大津 弘樹 Hiroki Otsu

タチアナ カルデロンTatiana Calderon

生年月日
1993年3月10日
身長
163cm
血液型
A型
出身
コロンビア(ボコタ)
Stats
2019年
FIA-F2出場(BWTアーデン)
アルファロメオ・レーシング F1テストドライバー
2018年
ザウバーF1開発ドライバー
GP3シリーズ出場(イエンツァーモータースポーツ)
2017年
GP3シリーズ出場(DAMS)
2016年
GP3シリーズ出場(アーデン・インターナショナル)
ユーロフォーミュラオープン出場(テオ・マーテン・モータースポーツ)

SUPER FORMURA エンジンについて

現在全日本スーパーフォーミュラ選手権で用いられているのは、日本独自に定められた”NRE(ニッポン・フォーミュラ・エンジン)” 規定に基づいてTOYOTA、HONDAが開発した排気量2000ccターボ過給直噴4気筒エンジンです。このエンジンには燃料の瞬間最大流量を規制する燃料流量リストリクターが取り付けられており、消費燃料を鈴鹿、富士大会では1時間当たり最大95kg、その他の大会では1時間当たり最大90kgに制限します。限られた燃料で最大の性能を引き出し、熱効率を追求する新世代のレーシングエンジンです。現在、最大出力は550馬力以上と言われています。

なお、マシンにはオーバーテイクシステム(OTS)が搭載されており、これを作動させると燃料最大流量が5%増加、パワーが約20~30馬力増大します。OTSを用いるとレース中のオーバーテイクが容易になりますが、決勝レース中に使用できるのは最大100秒間で、1回用いると次回は100秒経過しないと作動しないため、ドライバーの戦略が反映する仕組みとなっています。

チーム概要

History

スリーボンドレーシングの歴史

明日のトップドライバーを目指す若手育成カテゴリーであるとともに、世界共通規則に則ったインターナショナルカテゴリーであるF3。そのF3とスリーボンドの関係は、2000年に日産の量産車用SR20DEエンジンをベースとし、東名エンジン、梅田チューニングショップの協力の下「スリーボンド・ニッサンエンジン」を開発、「スリーボンドレーシング」として全日本F3選手権に参戦を開始したことに端を発します。
参戦初年度の2000年はドライバーに土屋武士選手を起用。初のシーズンをランキング9位で終えると、翌年には井出有治選手をドライバーに擁し、ランキング5位を獲得。2002年の富澤勝選手を経て、2003年にはイタリア人ドライバーのパオロ・モンティン選手を起用して第7戦(ツインリンクもてぎ)で待望の初優勝を飾ると、翌第8戦でも見事連勝、ドライバーランキング2位と大きな躍進を果たしました。
さらに2004年にはファビオ・カルボーン選手と柳田真孝選手を起用し、本格的な2台体制を構築。2005年には横溝直輝選手、パオロ・モンティン選手という強力な布陣で年間6勝をマーク。チーム部門、エンジンチューナー部門でともにランキング2位を獲得するなど、トップチームとしての地位を確固たるものとしました。
以後、マルコ・アスマー選手、安田裕信選手らを起用し激闘の全日本F3選手権を戦ったチームは、2010年に関口雄飛選手を起用しドライバーランキング2位を獲得すると、2011年には安田裕信選手を再び起用し、最終戦までドライバーチャンピオンを争うも、惜しくもドライバーチャンピオンを逃したものの、念願だったチームチャンピオンを奪取しました。
この勢いを駆ってスリーボンドレーシングは、翌2012年よりイギリスのT-SPORTとともに「ThreeBond with T-Sport」として、ヨーロッパへと戦いの舞台を移すことになりました。
2012年、ニック・マクブライド選手を起用したThreeBond with T-Sportはドライバーランキング10位を獲得。2013年はウィリアム・ブラー選手からアレキサンダー・シムス選手へとドライバーを交代しつつもチームランキング5位を手にしました。
2014年以降、量産エンジンをベースとするレギュレーションが撤廃されるなど大きなエンジン規定の変更を受け苦しい戦いとなるものの、F3世界一決定戦では2014年にニック・キャシディ選手を擁して3位、2016年には山下健太選手を起用して4位と着実な成果をあげ、5年間のヨーロッパ挑戦にひと区切りをつけ、2017年より全日本F3選手権に戦いの舞台を戻すことになりました。復帰初年度から優勝を目指すためには優秀なドライバーを必要と判断し、国内だけでなく海外の有望若手ドライバーを調査。若干16歳でマカオグランプリ出走を果たし、過去2年間ヨーロッパを中心に競われるGP3で優勝経験を持ち、フェルナンド・アロンソの再来とも言われる、スペインの若手有望株アレックス・パロウ選手(20歳)と共に戦い、その期待通りアレックス選手は初めてのサーキットにも関わらず開幕戦からポールポジションを獲得するなどシーズン2勝を挙げました。2018年は逆輸入ドライバーの笹原右京選手を起用し、惜しくも優勝を飾ることができませんでしたが表彰台を8度獲得しシリーズ3位を勝ち取りました。2019年は12年ぶり2台体制で、チームの総力を結集させた戦いを繰り広げます。

スリーボンドレーシングの歴史
スリーボンドレーシングの歴史

Gallery