HOME > ニュースリリース > 「ダカールラリー2015」に参戦する「日野レンジャー」に、ウルトラグラスコーティング NEOが採用

ニュースリリース(2014年)

2014年12月25日

「ダカールラリー2015」に参戦する「日野レンジャー」に、ウルトラグラスコーティング NEOが採用

株式会社スリーボンドは「世界一過酷なラリー」と言われる「ダカールラリー2015」に参戦する「日野レンジャー」に、自動車ボディーの防汚・保護を目的としたコーティング剤 ThreeBond 6649 / 6649B (ウルトラグラスコーティング NEO)を施工いたしました。

ダカールラリーは2週間で8,000km以上の距離を走破するラリーで、完走率は50%を切る過酷なレースです。コースの大半が砂漠をはじめとした "道なき道" となっていて、ドライバーとナビゲーターがロードブックを片手に協力し合って進んで行きます。ハードな行程ゆえ、ボディーには泥などのガンコな汚れが強固にこびりつき、洗車を怠ると、マシンのパフォーマンス低下や、予期せぬメカトラブルの遠因になり得ます。

ThreeBond 6649 / 6649B (以下、ウルトラグラスコーティング NEO)は、ポリシラザンを主成分とした自動車ボディーのコーティング剤で、自動車の塗装面にガラス系の滑水性硬質皮膜を形成し、塗装面を長期間保護します。

ウルトラグラスコーティング NEOは、下記の通り二つの大きな特長があります。

 1)硬質皮膜が高温、ダスト、スリ傷などの塗装面の劣化要因からボディーを保護

 2)滑水性機能が、汚れを付着しにくくし、簡単な水洗いで汚れを除去

この「ウルトラグラスコーティング NEO」の特長と、ダカールラリーに参戦する「日野チームスガワラ殿」の思惑が合致し、「日野レンジャー」にウルトラグラスコーティング NEOを施工させていただく運びとなりました。
日野チームスガワラ殿は、ウルトラグラスコーティング NEOの施工によりレース中の洗車時間の短縮・簡略化といった、メンテナンスの負担軽減に期待を寄せられております。

HINO.jpg

【ダカールラリー2015 概要】

日程:201513日~117日 

※ブエノスアイレス(アルゼンチン)をスタート/ゴールとし、途中チリ・ボリビアを駆け巡ります。

走行距離:8,159km(トラック部門)

出場台数:416(日野チームスガワラが参戦するトラック部門は64)

TV放映国数:190ヵ国(2014年大会の実績:主催者発表)

 

【参戦チーム 概要】

チーム名称:日野チームスガワラ ※ダカールラリーには1991年より参戦。来年で25周年の節目を迎えます。

ドライバー:1号車 菅原 義正(すがわら よしまさ)  2号車 菅原 照仁(すがわら てるひと)

ナビゲーター:1号車 羽村 勝美(はむら かつみ) / 若林 葉子(わかばやし ようこ)  2号車 杉浦 博之(すぎうら ひろゆき)

車輛形式:日野レンジャー


詳細は下記日野自動車株式会社殿webサイトをご参照願います。

http://www.hino.co.jp/news_release/14-019.html (ニュースリリース)

http://www.hino.co.jp/dakar/index.html (ダカールラリー特設ページ)

http://www.threebond.co.jp/ja/product/market/equipment.html (スリーボンドグループ コーポレートサイト ウルトラグラスコーティング NEOについて) 

以上

« 戻る

ニュースリリース