HOME > 技術情報 > 接着剤セミナー > エポキシ樹脂について

エポキシ樹脂について

1.エポキシ樹脂の特長

エポキシ樹脂の優れた特性

  • 機械的強度に優れる
  • 耐熱性に優れる
  • 耐薬品性に優れる
  • 接着性に優れる
  • 硬化収縮が小さい

エポキシ樹脂は非常にバランスのよい工業材料であり、幅広い用途に用いられています。

ページ先頭へ

2.一液性と二液性

一液性エポキシ樹脂の硬化


一液性エポキシ樹脂の特長

長所

  • 管理容易な一液性
  • 硬化剤によるカブレの可能性が低い
  • 耐熱性に優れる

短所

  • 硬化に加熱が必要
  • 厚膜硬化が困難の場合あり
  • 細部隙間に使用した場合、未硬化の危険性

"一液であること"が最大のメリットです。

一液性エポキシ樹脂選定のポイント

硬化前の性状 粘度、チクソ、色
硬化条件 ワークの耐熱性、塗布から硬化までの時間
硬化物特性 接着強さ、硬さ、可とう性、艶、絶縁性、放熱性、リペア性
熱時(熟間)強度 Tg(ガラス転移点)

これらの諸条件を十分に考慮して選んでください。

二液性エポキシ樹脂の硬化


二液性エポキシ樹脂の特長

長所

  • 加熱しなくても室温で硬化
  • 耐薬品性、電気絶縁性に優れる

短所

  • 二液を計量、混合する煩雑さ
  • 硬化剤によるカブレの危険性
  • 可使時間がある

室温で硬化する事が最大のメリットです。

二液性エポキシ樹脂選定のポイント

本剤 色、粘度
硬化剤 硬化時間・温度、強度、柔軟性等

基本的に、本剤と硬化剤の組み合わせは自由です。

ページ先頭へ

3.FAQ

お客様からのよくある質問

Q1. 耐熱性はどのくらい?
接着の目安はガラス転移点。エポキシ樹脂の熱分解温度は250~350℃程度です。
Q2. 接着したものをはがしたい
溶剤に浸透するか、ガラス転移点以上に加熱するとはがれやすくなる場合もありますが、基本的に不可能です。
Q3. 固まりません
次のような場合が考えられます。
■一液:温度・時間不足、沈降、分離
■二液:配合比・混合ミス、温度・時間不足

ページ先頭へ

まとめ

エポキシ樹脂は、それぞれにメリットを備えた一液性と二液性があり、機械的強度、耐熱性、耐薬品性等に優れ、幅広い分野で利用できる工業材料です。

スリーボンドでは、皆様の設計ニーズに最も適した製品づくりを心がけています。

技術情報